Yuri: stage 4

腕利きの女戦士
The Skilled Swordswoman

 

{Scene 1}
ユーリ:ふう…ちっとばかし焦ったぜ
Yuri: They sure got scared off quick.

エル:やったね、ユーリ!
Elle: You did it!

ガルル…!
(growling)

エル:あっ!
Elle: Ah!

ユーリ:まだ生きてやがったのか!
Yuri: They’re still kicking!

???:危ない!
???: Look out!

???:…何とか間に合ったか。ケガはないか?
???: Looks like I made it. Are you hurt?

エル:う、うん…助けてくれてありがと…
Elle: Um, no… Thank you….

???:魔物相手に油断は禁物だ。それと、そこの長髪の男。父親ならちゃんと娘を守るべきだろう
???: You can’t underestimate monsters. And you, with the long hair. Fathers are supposed to protect their children.

ユーリ:父親…って、オレがそんな歳に見えんのかよ
Yuri: Fathers? Do I seriously look old enough for that?

エル:あ、違うよ。ユーリはエルのパパじゃなくって、セーギの味方の騎士団だよ!
Elle: Oh, no, Yuri’s not my papa. He’s a good guy, and a knight!

???:そうか…
???: I see.

???:だが騎士ならば、なおさらだろう
???: But my words apply to knights even more, do they not?

ユーリ:そう言われりゃごもっともだ。返す言葉もねえな
Yuri: Yeah, can’t really argue with you.

エル:あなたは?エルはエル。このひとはユーリ
Elle: Who are you? I’m Elle, that’s Yuri.

ミラ:私の名はミラ。ミラ=マクスウェルだ
Milla: My name is Milla. Milla Maxwell.

エル:ミラはここでなにしてたの?
Elle: What’re you doing?

ミラ:イニル街というところへ行く途中だ。奇病な噂を耳にしたのでな
Milla: I’m heading for Enille. I heard a rumor about a strange illness there.

ユーリ:その噂ってのは、あそこで流行っているっていう奇病の事か
Yuri: Yeah, apparently it’s gotten pretty bad, plague-like even.

ミラ:知っているのか
Milla: So you’ve heard.

ユーリ:オレもそれを調べるためにあの街へ向かっているとこなんだよ。エルを送りがてらな
Yuri: I’m on my way to look into it, too. And taking Elle home while I’m at it.

ミラ:なるほど。目的地は同じか
Milla: I see. So we’re heading the same way.

エル:せっかくだから、ミラもエル達と行こうよ
Elle: You should walk with us, then!

ミラ:…そうだな。私はこの辺の地理に疎いから、同行させてもらえると助かる
Milla: That would be of great assistance, actually. I am unfamiliar with the geography here.

ユーリ:構わねえよ。こっちも腕の立つ道連れは歓迎だ。よろしく頼むぜ
Yuri: Fine by me. I won’t say no to another able fighter hanging around. Shall we?

 

{Scene 2}
ぐう…
(stomach growl)

ユーリ:うん?エル、腹が減ったのか?
Yuri: Hm? You hungry, Elle?

エル:エルじゃないよ!エルそんなこどもじゃないし!
Elle: What? It wasn’t me! I’m not a little kid, you know!

ユーリ:違うのか?じゃあ…
Yuri: No? Then who….

ミラ:…すまない。私だ
Milla: My apologies. It was me.

ユーリ:ミラの方かよ。こりゃ意外だったな
Yuri: What d’ya know? Heheh, plot twist.

エル:ユーリ、ちょー失礼!エルだってレディーなんだからね
Elle: Rude! Yuri, I’m a lady, too! You should be nicer to me!

ユーリ:悪い悪い。昼飯分けてやっからそれで勘弁しろって
Yuri: My bad. How about we split something to eat, would you forgive me then?

エル:えっ、食べるものあるの?
Elle: You brought food?

ユーリ:騎士団で支給された弁当だけどな。
Yuri: If you call rations ‘food,’ then yeah.

ユーリ:少々分け前が少なくなるが、三人で食べようぜ
Yuri: There wasn’t much even before splitting it, but there’s some for everyone.

エル:サンドイッチ!
Elle: Ooh, a sandwich!

ミラ:いいのか。すまないな
Milla: If you’re sure. Thank you.

ユーリ:これも何かの縁だ、気にすんな
Yuri: Returning a favor, in a way. Dig in.

エル:あ…
Elle: Ugh…

ミラ:どうした、エル?
Milla: What’s wrong?

エル:…このサンドイッチ、トマト入ってる
Elle: …This sandwich has tomatoes.

エル:エル、トマト苦手!
Elle: I hate tomatoes.

ユーリ:好き嫌いしてっと大きくなれねえぞ?
Yuri: Picky eaters don’t grow big and strong, you know.

エル:スキキライじゃなくて、シュチョーですー。シュチョーはケンリなんですー
Elle: It’s not picky, it’s an opinion! I’m allowed to have opinions!

ミラ:わかった。では私のと取り換えてやろう
Milla: Okay then, how about you switch with me?

ミラ:こっちはトマトがないからな
Milla: Mine doesn’t have any tomatoes.

エル:本当?ありがとう、ミラ!
Elle: Really? Thanks!

ミラ:む…
Milla: Hm…

エル:もぐもぐ…うん、おいしい
Elle: Mmmm, this one’s tasty!

エル:あれ?ユーリもミラも食べないの?
Elle: Huh? Aren’t you two gonna eat?

ミラ:どうやら邪魔が入ったようだ
Milla: Looks like we won’t have the chance.

ユーリ:ったく、飯くらい、のんびり食わせて欲しいもんだぜ
Yuri: Man, I can’t even eat a meal in peace around here.