Yuri: stage 3

少女の願い
A Girl’s Request

{Scene 1}

ユーリ:さてと、おい大丈夫か?怪我とかしてねえか?
Yuri: Right, you okay, kiddo? You didn’t get hurt, did you?

???:あ、ありがとう
???: Um, thanks.

???:あなた達、悪い人じゃないみたいだね
???: I guess you two are okay.

ユーリ:まあな。これでも一応は正義の味方の騎士団、だからな
Yuri: You could say that. Knights tend to be on the good side, after all.

フレン:君、名前は?お父さんかお母さんは一緒じゃないのかい?
Flynn: What’s your name? And where are your parents?

エル:エルはエル。エル・メル・マータ
Elle: I’m Elle. Elle Mel Mata.

エル:ママは前からいないし。パパは…
Elle: Mom’s been gone a long time. …But Dad…

フレン:そうか…辛い事を聞いてしまって、すまない
Flynn: Oh… I’m so sorry to hear that.

ユーリ:おいおい、それじゃまさか一人でここへ来たのか?
Yuri: Wait a second, you’re all alone out here?

エル:うん。イニル街から歩いてきたんだよ
Elle: Yep. I walked here from Enille.

フレン:イニル街?随分遠いな
Flynn: Enille? That’s nowhere near here.

フレン:どうしてそんなところから?
Flynn: Why’d you come all this way?

エル:いま、街でへんなビョーキがはやってて…みんなすごいつらそうなの!
Elle: A bunch of people are getting sick back home. They need help!

エル:だからエル、王様にわけを話して、助けてもらおうと思って来たんだよ!
Elle: So I’m going to talk to the king and get him to help us.

ユーリ:で、身ひとつでやってきたって訳か。見上げた覚悟だが、ちょいとばかし無茶がすぎたな
Yuri: So, you came all this way alone. That’s some impressive guts, missy, but not very practical.

フレン:イニル街の奇病…噂には聞いた事があるが、まさか本当だとは…
Flynn: The plague in Enille…. I’d heard rumors, but I didn’t think them true.

ユーリ:わざわざこんなとこまで来て嘘付くやつはいないだろ。問題は国王が話聞いてくれるか、だな
Yuri: I doubt anyone would walk all this way just to lie. The problem how is will the king even listen.

エル:王様、はなし聞いてくれないの?
Elle: Why wouldn’t he?

エル:ここまできたのに…
Elle: I came so far…

ユーリ:…
Yuri: …

ユーリ:とりあえず、街の様子を見に行くか。んで、オレから国王に報告する
Yuri: How about this? We check out the situation in Enille, and then give an official report to the king.

ユーリ:それでどうだ?
Yuri: How’s that sound?

エル:ホント?ありがとう!
Elle: Really? Thank you!

ユーリ:そういう訳だから、騎士団への報告は頼むぜ、フレン
Yuri: Which means, the patrol report is all on you, Flynn.

フレン:…仕方ないな。分かった、引き受けるよ
Flynn: Yeah yeah, okay. Fair enough. I’ll head back.

エル:ええと…あなた達の名前は?
Elle: Um… What are your names?

ユーリ:オレはユーリ。こっちはフレン
Yuri: I’m Yuri. That’s Flynn.

ユーリ:そんじゃ行くとするか、エル
Yuri: Shall we, Elle?

エル:うん!
Elle: Yeah!

 

{Scene 2}

ユーリ:歩きづめだが、大丈夫か?
Yuri: It’s a long walk. You doing okay?

エル:大丈夫。エル、歩くの好きだもん
Elle: I’m fine. I like walking.

ユーリ:そうか。疲れたら言えよ
Yuri: Good. But if you get tired, speak up.

エル:ユーリ、さっき、セーギの味方の騎士団って言ってたよね?
Elle: Hey Yuri, earlier, you said ‘knights are on the good side.’

エル:騎士団って、何をする人?
Elle: What do knights do?

ユーリ:何をする人、か。そうだな…
Yuri: What do we do? Uh…

ユーリ:平たく言や、悪いやつをとっちめる仕事ってとこだ
Yuri: At the core, we catch bad guys.

ユーリ:普段はお偉いさんの警護をしたり、魔物から街を守ったり、泥棒を追いかけたり…そんなとこだ
Yuri: But for everyday stuff, we protect important people, defend towns from monsters, hunt down thieves… That kind of thing.
エル:エライ人の警護!じゃ、ユーリ達は王様にいつでも会えるの?
Elle: Oh, so if you protect important people, does that mean you get to see the king whenever you want?

ユーリ:いつでもって訳にはいかねえよ。あっちにはあっちの都合ってもんが
Yuri: Oh, I wouldn’t say whenever. The king does what the king wants.

エル:そうなんだ…残念
Elle: Oh… That’s no good.

ユーリ:心配すんなって。ちゃんとイニル街の病気の事は、オレが報告しておいてやるから
Yuri: Don’t worry about it. I promised I’d give a report on Enille’s situation, didn’t I?

エル:うん、よろしくね
Elle: Right. It’s a promise.

ユーリ:そういや、その病気ってのはいつ頃から流行りだしたんだ?
Yuri: Speaking of the situation, how long has this sickness been spreading?

エル:えーと…ビョーキがはやりはじめたのはひと月くらい前だと思う
Elle: Umm… It’s been something like a month since it started. I think.

ユーリ:ひと月?!
Yuri: A month?!

ユーリ:おいおい、そんな長い間、放っておかれてたのかよ
Yuri: You’ve been left alone to deal with a debilitating sickness for a month?

ユーリ:ひと月前といや、国王が軍の増強を始めた時期だが…偶然か…?
Yuri: That’s about how long the king has been working to expand his forces, but … could be a coincidence. Maybe.

エル:どうかしたの?
Elle: What’s wrong?

ユーリ:ん?いや、何でもねえよ
Yuri: Hm? Oh, nothing.

エル:あっ、魔物!
Elle: Aah, monsters!

ユーリ:ちっ、下がってろ!
Yuri: Keep back!