Yuri: stage 1

ユーリ編 幼き願いと己の正義
Yuri’s Book; Naive Hopes and Personal Justice
ウィンドル王国。東方に位置し、長い歴史と、豊かな国力を誇る大国
The country of Windor lies to the east, a superpower which prides itself on its long history and vast wealth.
そのウィンドルを統べる若き国王リチャードは、積極的な軍備増強を行ない、領土拡張唱えていた
The young king Richard is actively working to build his military in order to expand his country and his influence.
その目的は「選ばれし者として、全ての星のカケラを手にする」ためだという
The words of the prophecy drive him: that the chosen ones must gather all the shards of the star.
リチャードは直属の騎士団を持ち、その中にはユーリ・ローウェルとフレン・シーフォの二人もいた――
Inside the Imperial Knights, controlled by Richard, are two knights: Yuri Lowell and Flynn Scifo.

 

対照的な二人
The Mismatched Duo

{Scene 1}

フレン:ユーリ、そろそろ見回りの時間だ。出動しよう
Flynn: Hey Yuri, time for patrol. Let’s get going.

ユーリ:やれやれ、そうそんな時間かよ。毎日毎日、面倒なこった
Yuri: Is it really? Same boring thing, day after day.

ユーリ:たまにはのんびりさせてもらいたいもんだぜ、ったく
Yuri: Is it so much to ask to let me relax once in a while?

フレン:そんな事を言うものじゃない。たとえ何もなかったとしても、行かないと
Flynn: Yes, it is. Even if there’s nothing there today, there could be tomorrow.

フレン:僕達が見回りしているところを街の人々に見せる事にも意味があるんだから
Flynn: And it matters to the townspeople if they see us leave on patrol or if they see us slack off.

ユーリ:ほんっと真面目だよな、お前は
Yuri: Never could take a joke.

フレン:騎士の務めだ。当然だろう
Flynn: Yeah, it’s such a crime to be serious about my duties.

フレン:ユーリこそ、もっと任務に身を入れたらどうなんだ
Flynn: But would it kill you to apply yourself to work a bit more?

フレン:それだけの能力はあるはずだ
Flynn: Use some of that energy from slacking off.

ユーリ:堅苦しいのは苦手なんだよ
Yuri: I’m allergic to applying myself.

ユーリ:せっかく入った騎士団だが、どうも性に合わねえ。そろそろ潮時かもな
Yuri: Don’t know why I even joined the Imperial Knights. Seemed like a good idea at the time.

フレン:またそんな。君はいつもそうやって…
Flynn: This again. Every time you—

???:っと、すまない…!急いでいたもので…
???: Oop, sorry about that! I’m in a rush.

フレン:いや、こちらこそすまない
Flynn: I wasn’t paying attention, either, sorry.

フレン:君は…アスベルじゃないか
Flynn: Wait, Asbel?

アスベル:フレン…?
Asbel: Flynn?

アスベル:ああ、そうか。これから見回りだったな。がんばれよ
Asbel: Oh yeah, time for patrol, right? Good luck.

フレン:ありがとう。
Flynn: Thanks.

フレン:君も陛下への目通りの許可が出てよかったな
Flynn: And hey, good job on getting that audience with His Majesty.

アスベル:あ、ああ。それじゃ!
Asbel: Right, thanks. See ya!

アスベル:(…エステリーゼ様、一体、どこへ行ってしまわれたんだ)
Asbel: (…Lady Estellise, where did you run off to?)

フレン:ユーリ、どこへ行くんだ?まだ、話は終わってないだろう
Flynn: Hey Yuri, where are you going? We’re not done here.

ユーリ:分かった分かった。
Yuri: Yeah yeah.

ユーリ:歩きながらでもいいだろ?のんびりしてっと見回りに遅れちまう
Yuri: You can walk and talk, right? We’ll be late for patrol if we keep yacking it up here.

ユーリ:今日は北地図からだったか?
Yuri: We’ve got the north today, yeah?

 

{Scene 2}

フレン:このところ魔物の出現頻度が高まる一方だな
Flynn: The monsters in this area get more numerous by the day.

ユーリ:この辺だけじゃないぜ。今はどこへ行ってもこんな調子だろ
Yuri: Not just here. Everywhere you go’s the same problem.

フレン:確かに…一体何が起きているんだろう
Flynn: True. I wonder why.

ユーリ:なぜこうなったかの理由なら、考えるまでもねえよ
Yuri: It’s not rocket science.

ユーリ:やれ戦争だの、カケラ集めだので、今は王国中が殺気立ってる。その気配が魔物にも伝染してんだろ
Yuri: This country is boiling with war and a frenzy over this shard business. It’s not surprising the monsters are freaking out, too.

ユーリ:つまり、すべき事は一つだ
Yuri: There’s only one thing to do.

フレン:ユーリ…?
Flynn: And that is?

ユーリ:敬愛すべき我らが国王陛下に、言ってやりゃいいんだよ
Yuri: His Majesty needs to near this from people he trusts.

ユーリ:星のカケラ欲しさに他国に攻め込むなんてやめてください
Yuri: He needs to stop invdating other countries looking for mythical shards.

ユーリ:選ばれし者だかなんだか知らないが、光の神殿なんぞに現を抜かしてないで…
Yuri: He can’t put the ‘chosen ones’ and all that above his own people and what they need.

フレン:よせ、ユーリ。陛下の事をそんな風に言うなんて
Flynn: That’s enough. Don’t speak of His Majesty that way.

ユーリ:おいおい、お前だって今の国王のやり方が正しいなんて思っちゃいないだろ
Yuri: Excuse me? Don’t tell me you don’t have a single doubt about his methods.

フレン:…確かに思うところがないわけじゃないが
Flynn: …I can’t say that, no.

フレン:…だからといって軽々しく言うべきじゃない
Flynn: But that’s exactly why you need to keep it quiet.

フレン:僕達騎士団は民衆を守るためにいる。その騎士団を率いる方こそ、国王陛下なのだから
Flynn: The Imperial Knights exists to protect the people. And His Majesty himself is our leader.

ユーリ:民衆を守るため、ね
Yuri: Yeah. ‘Protect the people.’

ユーリ:それが本当である事を祈るよ、オレは
Yuri: I keep hoping that’s the truth.

ユーリ:お前はお前の信じるようにやれよ。オレはオレで好きにするさ
Yuri: You gotta follow what you believe, Flynn. I’ve got my own priorities.

フレン:ユーリ、君は昔からそうだ…
Flynn: You always have.

フレン:君は自分の行動や発言が、どれほど周りに影響を与えているのかわかっているのか?
Flynn: Makes me wonder if you even realize how big of an effect your actions and your words have.

ユーリ:それを言ったらお前も、だろ?
Yuri: I could say the same thing to you.

フレン:(ユーリの気持ちも分かる。だけど平和には秩序が欠かせない。もし君がそれを乱すなら僕は…)
Flynn: (It’s not like I don’t understand. But peace requires order. I can’t let him disturb that.)

…!

ユーリ:話は後だ。大物が出て来やがった
Yuri: Time out. We’ve got a big one.

フレン:ああ、油断するな
Flynn: Exercise caution.

ユーリ:来るぞ!
Yuri: Let’s go!