Luke: stage 5

森に住む少女
The Girl in the Forest

{Scene 1}
ルーク:ったく、前の街じゃ魔物の相手する羽目になって散々だったぜ
Luke: Man, that town got busted all to bits by monsters.

ルーク:シルヴァラントの王都、メルトキオっつったか?まだ着かねーのかよ…
Luke: Sylvarant’s capital was Meltokio, right? Are we there yet?

ミュウ:ご主人様、地図を見てるといいと思うですの!
Myuu: Master, maybe you should look at a map.

ルーク:っせーぞ、ブタザル!俺に指図すんじゃねーよ!
Luke: Shut up! Don’t tell me what to do!

ルーク:だいたいこの地図がいけねえんだ。ごちゃごちゃ分かりづれーっての
Luke: Besides, this map is worthless. Can’t tell a damn thing.

メルディ:ルーク、ミュウ、こういうのがよくある事。心配しなくても何とかなるよぅ!
Meredy: Luke, Myuu, don’t worry! Things happen. We’ll figure it out!

ルーク:ずっと迷子だったお前が言うなっつーの
Luke: Yeah, I don’t want to hear it from someone who can’t navigate their way out of a paper bag.

ミュウ:ご主人様、あそこに小屋がありますの!
Myuu: Master, look! There’s a house over there!

ルーク:ちょうどいいや。誰か道知ってる奴がいねーか訪ねてみるとすっか
Luke: Perfect. Let’s see if they know these roads.

???:誰ですか…?
???: Who’s there?

ルーク:お、いやがった。お前、ここに住んでんのか?
Luke: Hey you, do you live here?

???:…はい…
???: …Yes…

ルーク:何だよ、無愛想な奴だな。まあいいや。王都メルトキオはこの辺じゃないのか?
Luke: Well she talks. Barely, but she talks. Whatever. Is Meltokio around here?

???:…違います
???: …No.

ルーク:…
Luke: …

???:…

ルーク:…
Luke: …

ルーク:だーっ、それだけかよ!違うなら違うで、正しい生き方を教えろっつーの!
Luke: Seriously?! That’s it?! If it’s not, give some damn directions!

???:王都へ行くには…ここをまっすぐ…次に右へ…それから…
???: The capital is that way… Follow the path. Then take a right. After that…

メルディ:ルーク、覚えたか?
Meredy: Luke, do you remember all this?

ルーク:お、俺に聞くなよ…
Luke: As if…

ルーク:そうだお前、王都まで案内しろ
Luke: I got it. You can lead us there.

ルーク:俺はキムラスカの親善大使だ。光栄に思えよ
Luke: I’m the goodwill ambassador of Kimlasca. You’re very honored.

メルディ:ルーク、この人ここ住んでるよ。一緒が行くの、きっとむずかしいよ
Meredy: Luke, she lives here. She can’t just up and take us somewhere.

???:…わかりました
???: …Okay.

メルディ:ワイール!ほんとうか!?
Meredy: Wow! Really?

???:はい…では、行きましょう
???: Yes. This way.

{Scene 2}
ルーク:そういや、お前、名前なんていうんだ?
Luke: By the way, what’s your name?

プレセア:名前は…プレセア・コンバティールです
Presea: My name is Presea Combatir.

プレセア:…あの、みなさんは?
Presea: …And you are?

ルーク:俺はルーク・フォン・ファブレ。キムラスカの公爵家の跡取りで、親善大使だ
Luke: I’m Luke fon Fabre. Heir to the duchy of Kimlasca, and goodwill ambassador.

ルーク:驚いたか?
Luke: Surprised?

プレセア:そうですか…
Presea: I see.

ルーク:何だよ…張り合いねーな
Luke: You could at least pretend…

メルディ:メルディだよ。ヨシロク…じゃなくてヨロシクな!
Meredy: I’m Meredy! Meet you nice to! Oh, oops. Nice to meet you!

ミュウ:チーグル族のミュウですの。よろしくお願いしますの
Myuu: I’m a cheagle. My name’s Myuu. Nice to meet you!

ルーク:プレセアは、何であんな小屋で暮らしてんだ?
Luke: Hey, why are you holed up in that little shack, anyway?

プレセア:私は木こりです。神子の神殿に、神木を収める仕事をしているので…
Presea: I cut trees for the temple. The forest has the sacred wood the temple needs.

ミュウ:一人で住んでいるですの?
Myuu: Do you live alone?

プレセア:…はい
Presea: …Yes.

メルディ:一人かー。誰もいないは、さびしくないか?
Meredy: Aww, but isn’t it lonely living all by yourself?

プレセア:さびしい…?そういうのは、よくわかりません
Presea: Lonely? I’m not sure what you mean.

ルーク:お前、変わってんな…
Luke: You’re weird…

ガサッ
(movement)

ルーク:ん…?
Luke: Hm?

プレセア:魔物…。危険です
Presea: Monsters. Be wary.

ギャオオッ!
(howling)

ミュウ:本当に出たですの!
Myuu: There really are monsters!

プレセア:…殲滅します
Presea: Begin extermination.