Luke: stage 2

スカウト開始!
Scouting

{Scene 1}

ティア:お呼びでしょうか、陛下
Tear: Your Majesty, you called?

インゴベルト六世:うむ、現在、隣国間で緊張が高まっているのは知っているな
Ingbert VI: Mm, you’re aware that tensions are rising with neighboring countries, yes?

ティア:はい。いつ戦争が始まってもおかしくはない状態だと
Tear: Yes. War could begin at any time.

インゴベルト六世:それだけでも十分問題なのだが、新たな問題が生じてな。それでお前を呼んだのだ
Ingbert VI: That’s more than enough to deal with, but it brought about a new problem. That’s why I’ve called you.

ティア:私を?私は外交官ではありませんが…
Tear: Me? I’m not really much of a diplomat…

インゴベルト六世:分かっている。実はルークが一人で勝手に我が国の使者として隣国に向かったようなのだ
Ingbert VI: I know. The problem is that Luke decided to visit our neighbors, acting as our emissary.

ティア:ルークが!?無茶です!それこそ外交経験もないのに、そんな…
Tear: He did? But that’s ridiculous! He doesn’t have any diplomatic experience, either.

インゴベルト六世:だから教育係のお前を呼んだのだ。何かおかしな事をしでかす前にルークを見つけて連れ戻して欲しい
Ingbert VI: That’s why I’ve called you. Before he does anything that causes permanent damage, I want you to bring him back.

ティア:すぐに後を追います。…ルーク、なんて事を…
Tear: I’ll go after him immediately. …Luke, what are you thinking…

ルーク:さてと。王都を出る前に、お供をスカウトしねーとな
Luke: Right! I need to scrounge up some worthy companions before I leave.

ミュウ:誰かあてはあるんですの?
Myuu: Do you have anyone in mind?

ルーク:そんなのねーけど、俺が誘えば誰も断らねーだろ。親善大使のお供は光栄な役目だしな
Luke: It’s fine, I’m sure whoever I ask would be happy to. It’s an honor to accompany the goodwill ambassador, after all.

???:はあ…はあ…
???: *panting*

ルーク:お、エミルじゃねーか
Luke: Oh, hey Emil.

エミル:やあ、ルーク
Emil: Hi Luke.

ミュウ:知り合いの方ですの?
Myuu: You know him?

ルーク:ああ。エイル・キャスタニエつってな。うちの騎士やってんだ
Luke: Yep. That’s Emil Castagnier. One of our knights.

ルーク:そうだ、エミル
Luke: So, Emil.

ルーク:お前俺のお供にしてやる。うれしいだろ?
Luke: I’ll let you be part of my escort. Good for you!

エミル:あ、ごめん。僕、今ちょっと忙しいんだ。話は後にしてもらえる?
Emil: Oh, I’m sorry. I’m kind of busy at the moment. Can I get back to you?

ルーク:あ、おい、エミル、待てよ!
Luke: Huh? Hey, Emil! Get back here!

ミュウ:行っちゃったですの…
Myuu: He’s gone…

ルーク:な…
Luke: Wha—

ルーク:なんだ、あいつ!せっかくこの俺が誘ってやったのに、話もろくに聞かねーなんて
Luke: What the hell?! Getting an invitation to accompany someone like me, and he doesn’t even bother listening!

ミュウ:あの人、忙しいって言ってたですの。それなら仕方ないですの
Myuu: He said he was busy. You can’t really blame him.

ルーク:うるせー!あいつの肩を持つんじゃねーよ!
Luke: Shut up! Don’t take his side!

ミュウ:みゅう…
Myuu: Myuu….

ルーク:このままじゃ収まらねえ。追いかけるぞ、ブタザル!
Luke: This isn’t over. Let’s go after him, Thing!

ミュウ:みゅうぅぅ、ご主人様、待ってくださいですの〜
Myuu: Myuuuuu… Wait for me, Master!

{Scene 2}

エミル:ふう…これで一段落かな
Emil: Whew, that’s that part done.

ルーク:おい、エイル!人の話を勝手に打ち切って、いなくなるんじゃねえっつーの!
Luke: Hey Emil! You can’t just ignore someone and run off like that!

エミル:ごめんね。街に魔物が出て、それを退治するよう命令を受けてたからさ
Emil: Sorry about that. There were monsters on this end of town; I had orders to exterminate them.

ルーク:…しょうがねえな。まあいい
Luke: Well, in that case, I’ll forgive you.

ルーク:今からア・ジュールとウィンドルとシルヴァラントに行くからお前も来い
Luke: So, I’m heading off to visit Auj Oule, Windor, and Sylvarant. You’re coming, too.

エミル:ア・ジュールとウィンドルとシルヴァラント…?それって世界中って事じゃない!?
Emil: Uh, isn’t Auj Oule, Windor, and Sylvarant basically the entire world?!

エミル:いきなり言われても困るよ…。騎士の仕事もあるし、それにこれから約束が…
Emil: You’re putting me in a tough spot… I’ve got work, and I made a promise—

ルーク:約束?そんなもんほっときゃいいだろ。この俺が頼んでるんだ。嫌とは…
Luke: Promise? Who cares? Take a good look at who’s asking you, Emil. You can’t just—

???:エーミル♪
???: Emil~

エミル:マルタ?どうしてここに?待ち合わせをしたのはここじゃないよね?
Emil: Marta? What’re you doing here? I didn’t think we were meeting here.

マルタ:キミが走ってくのが見えたから後を追いかけて来ちゃった。魔物を退治するとこも見てたよ
Marta: I saw you running past, so followed you! I also saw you beat those monsters.

マルタ:すっごくかっこよくて、うっとりしちゃった…やっぱりエミルって最高だよね
Marta: I’m so glad I got to watch! You’re the coolest, and the best boyfriend ever!

ルーク:おい、俺を無視すんな!エミル、お前の言ってた約束ってまさかこいつかよ
Luke: Hey, quit ignoring me! Don’t tell me this is the promise you were talking about?

エミル:あ、うん。マルタの買い物に付き合う事になってたんだけど
Emil: Um, yeah, it is. I promised I’d go shopping with her.

マルタ:デートだよ、デート。私、今日をすっごくすっごく楽しみにしてたんだから
Marta: We’re going on a date! I’ve been looking forward to this for ages!

マルタ:最初にお買い物をして、その後はお茶するでしょ。それから〜…
Marta: We’re going shopping, then we’ll probably get some tea. And after that—

ルーク:おい、人の話聞けよ!
Luke: I said stop ignoring me!

マルタ:ねね、早く行こ、エミル!
Marta: Emil, come on, let’s go!

エミル:あ、ちょっとマルタ、腕を引っ張らないでよ!
Emil: Whoa, Marta! Don’t pull on me so hard!

ルーク:あ、おい!
Luke: Hey, wait!

ミュウ:行っちゃいましたですの…
Myuu: He left again…

ルーク:…な、なにがデートだ、ベタベタしやがって、あんなやつらこっちから願い下げだっつーの
Luke: Hmph, who’d want to go on a date with someone that clingy? Especially with such a prestigious option like traveling with me.

ルーク:こうなったらもう共なんかいらねえ。俺一人でなんとかしてみせるぜ。行くぞ、ブタザル!
Luke: If this is the way it’s gonna be, I don’t need an ‘escort.’ I can handle this myself. Let’s go, Thing!

ミュウ:…
Myuu: …

ミュウ:ご主人様、残念そうですの…
Myuu: I’m sorry, Master.

ルーク:うるせーぞブタザル!
Luke: Shut up!

グルルルル…!
(growling)

ミュウ:また魔物ですの!
Myuu: Monsters again!

ルーク:こんな時にうぜーんだよ!
Luke: I’m not in the mood for this!