Lloyd: stage 1

ロイド編  最高の遺跡ハンター
Lloyd’s Book; Champion Ruins Hunter
南方に位置する国、シルヴァラントは神の声を聞く存在「神子」を象徴とする宗教国家の側面も持っている
In Sylvarant, which lies to the south, the gods speak through their Chosen One, the symbol and head of their religion.
神子は王と同等の地位とされるほど重要な存在とされ、その1人にコレット・ブルーネルがいた
The Chosen, Colette Brunel, holds as much esteem and position as the king.
そのコレットの幼なじみのロイド・アーヴィングは、コレット、リタ、ふたりの少女と旅の途上にあった――
Colette, along with her childhood friend Lloyd Irving and Rita, are currently on a mission.

 

三人の遺跡ハンター
The Three Ruins Hunters

{Scene 1}
ロイド:へー。ここがシザー遺跡か。ここに、星のカケラがあるんだよな?
Lloyd: Cool. So these are the Shiva Ruins, huh? There’s a shard of the star in here, huh?

リタ:断定はできないけどね。可能性はあるはずよ
Rita: I can’t say for sure. It’s possible.

ロイド:昔の人も律儀だよな。降ってきた星のカケラを奉るためにわざわざこんな遺跡を作るなんて
Lloyd: Gotta hand it to these guys. They built all this to honor the fallen shards.

コレット:星のカケラって、今まで誰にも見つけられなかったんでしょ?リタはよくわかったね?
Colette: No one’s ever found one, right? It’s amazing that you have, Rita.

リタ:別に大した事じゃないわ。昔の文献を漁って記述を見つけ出して…後は推論よ
Rita: It’s not really impressive. If you read the descriptions in the ancient text, it’s just a matter of reasoning.

リタ:それに遺跡は全部で4つ。星のカケラがあるとしてもここという保証はないの
Rita: Also, there are four ruin sites. There’s no guarantee the shard is at this specific one.

ロイド:それを確認するために、わざわざここまで来たんだろ?早く入ろうぜ!
Lloyd: Yeah yeah, we’re here to find out if it is or not. Come on, let’s go in already!

リタ:落ち着きなさいよ。あんた、コレットの護衛なんでしょ?一人で先に行ってどうすんのよ
Rita: Hold your horses. You’re Colette’s bodyguard. You can’t go running off by yourself.

ロイド:悪い悪い。つい…
Lloyd: My bad. Got ahead of myself.

コレット:ねえ、リタ。遺跡の封印を解くのに神子の力が必要だって言ってたけど、封印ってどこにあるの?
Colette: Hey, Rita? You said you need my powers to open the seal, but where would the seal be?

リタ:さあ。でも、たいていこういうのは一番奥って相場が決まっているわ
Rita: Don’t know. But with this kind of thing, they’re usually found in the deepest part.

コレット:そっか。じゃあ、そこまで一緒に頑張ろうね
Colette: Okay. We can do that.

リタ:当然よ。そのために、あんたに声をかけたんだから
Rita: Of course we can. Besides, that’s why I brought you.

ロイド:そろそろ、行こうぜ。中は危険だって話だし、離れないようにな
Lloyd: Come on, let’s go in. It’ll be pretty dangerous, so don’t stray too far.

 

{Scene 2}

コレット:わあ~、遺跡の中って、結構広いんだね~
Colette: Wow, it’s so big in here.

ロイド:結構、暗いな…。二人とも、足元が悪いから気を付けろ
Lloyd: Yeah, and dark. The footing’s really bad here, so be careful.

ドテッ!
(bump!)
カチッ!
(clack!)
ヒュンッ!!
(whoosh!!)

ロイド:な、なんだ!?矢が飛んで…
Lloyd: What the—?! Arrows?

ロイド:いや、それより、コレット、大丈夫か?
Lloyd: Never mind. Colette, you okay?

コレット:うん。転んじゃった…。えへへ。ドジだね、私
Colette: Yep. I just fell… Aheh… I’m so clumsy.

リタ:いきなり罠とはやってくれるじゃない
Rita: I think she just sprung a trap for us.

リタ:やっぱり一筋縄じゃいかなさそうね。その分、期待できそうだけど
Rita: Looks like we can’t just stroll right in. But I think we’ll be okay.

ロイド:コレットも無事だし、気を取り直して行こう
Lloyd: Colette’s fine, so let’s be more careful and keep going.

リタ:…そういえば、あんた達、星のカケラについてどれくらい知ってんの?
Rita: By the way, how much do you two know about the star shards?

ロイド:確か全部で6個あるんだろ?それを全部集めると願いがかなうとか何とか…
Lloyd: There’s six of them, right? If you get them all, they grant wishes or something.

リタ:微妙に違うわ。正確には「カケラを手にし、己に打ち勝った真の選ばれし者だけが神殿に入れる」
Rita: You’re not totally wrong. The actual text says, “Only those truly chosen will earn the right to gather the shards and achieve victory.”

リタ:「星のカケラが全て揃った時、我は姿を現し、願いをかなえん」よ
Rita: “When all the shards have been gathered, we will reveal ourselves, and grant a wish.”

ロイド:誰が姿を現すんだ?
Lloyd: Who’s going to reveal themselves?

リタ:言い伝えじゃ、光の使いって事になってる。それがなんなのかは知らないけど
Rita: The legend says it’s the “Light Bearer.” I don’t know what that is, though.

コレット:リタはかなえたい願いがあって、星のカケラを探してるの?
Colette: Are you looking for the shards to grant a wish?

リタ:まさか。あたしは星のカケラが実在するなら、この手で調べてみたいだけ
Rita: Not at all. If the shards do exist, I want to study them personally, that’s all.

リタ:願い事なんて興味ないわ
Rita: I’m not interested in wishes.

リタ:普段は勝手に入れない遺跡だし、ちょうど研究所に調査依頼が入ってくれて助かったわよ
Rita: You can’t get into these ruins usually, and a request came into my lab at the same time. It all lined up.

リタ:北のウィンドルの王様が、カケラ集めに乗り出してるって噂もあるしね
Rita: Besides, sounds like the king up in Windor’s looking for them, too.

ロイド:俺も願い事とかは特にないけど、星のカケラは見つけたいな。宝さがしみたいで面白いもんな
Lloyd: Yeah, I don’t have any wishes or anything either. I do want to find them, though. It’s like treasure hunting!

コレット:私は、ロイドと一緒に旅ができるだけで嬉しいよ
Colette: I’m just happy to get to travel with Lloyd.

リタ:あーはいはい。そういうのは街に戻ってからやって
Rita: Okay, and that’s enough of that. Do that at the inn.

ロイド:あれ…?なぁ、行く手が扉で塞がれてるぞ?行き止まりか?
Lloyd: Uh, hey guys, there’s this big door blocking the way up ahead. Dead end, you think?

リタ:ここがこの遺跡の最深部よ。カケラがあるとしたら、あの扉の先のはず
Rita: This’ll be the deepest part of these ruins. If there is a shard, it’s past there.

リタ:コレット、開けられる?
Rita: Colette, can you open it?

コレット:あ、うん。試してみるね
Colette: Oh, right. I’ll try.

ズズズ…
(whirring)

ロイド:扉が開いた!
Lloyd: It opened!

リタ:浮かれないの。まだ当たりかどうか分かんないんだから
Rita: Don’t celebrate. We don’t know if there’s anything in there yet.

ギャオオオオ!
(howling)

ロイド:くそっ、外れか!
Lloyd: Damnit, just monsters?