Cless: stage 6

エステルの正体
Estelle’s True Identity

 

{Scene 1}
クレス:魔物が襲ってきたせいで、話が途中になってしまったけど…
Cless: We got interrupted by the monsters, but…

クレス:エステル、君は一体何者なんだい?
Cless: Seriously, Estelle, who are you?

クレス:さっきの騎士団の人、君を見るなり態度を変えたよね。それにエステリーゼ様って…
Cless: That knight totally changed as soon as he saw you. And he called you Lady Estellise.

エステル:それは…
Estelle: Well…

クレス:まあ、うすうす察しはついているけどね
Cless: Actually, I do have a guess.

エステル:…そうですよね。いつまでも隠しておけるわけがないですよね…
Estelle: …Of course you do. Anyway, it’s not like I was going to keep it secret forever.

クレス:正体を当ててみせようか。実はエステルは…
Cless: Let’s see if I got this right. Estelle, you’re really…

エステル:…
Estelle: …

クレス:騎士団の特別団員なんじゃない?
Cless: …a special class of knight, aren’t you?

エステル:…え?
Estelle: …Huh?

エステル:あの…何ですそれ?
Estelle: Uh… What do you mean?

クレス:何です、って言葉の通りなんだけど…もしかして違った?
Cless: I meant exactly what I said, but maybe I’m wrong?

エステル:ええ。残念ながら
Estelle: Yep. Unfortunately.

クレス:おかしいな…騎士団の人がやけに礼儀正しかったし、色々詳しそうだからてっきり…
Cless: That’s weird… That knight was all polite to you, and you seemed to know so much about all of this, I was sure…

エステル:クレスは面白い人ですね
Estelle: You’re an interesting guy.

クレス:そ、そう?
Cless: Oh? I am?

エステル:そうですね…あなたには、本当の事をお話しします
Estelle: You are. I’ll tell you the truth.

エステル:実はわたし…
Estelle: I’m actually—

???:エステリーゼ様!ここにいたんですね!
???: Lady Estellise! There you are!

エステル:アスベル!?
Estelle: Asbel?!

アスベル:やっと見つけましたよ
Asbel: I finally found you.

アスベル:さあ、城にお戻りください
Asbel: Come on, let’s go back to the castle.

クレス:エステル、この人は?
Cless: Estelle, who’s this?

エステル:逃げましょう、クレス
Estelle: Cless. Run.

エステル:急いで!
Estelle: Hurry!

クレス:うわっ!?え、エステル!マントを引っ張らないでくれ!
Cless: Huh?! Ah, Estelle! Please don’t pull on my cloak!

アスベル:エステリーゼ様、お待ちください!
Asbel: Wait! Lady Estellise!

 

{Scene 2}
エステル:ふう…ここまで来れば、大丈夫でしょうか…
Estelle: Whew… I think we’re good now.

クレス:エステル、さっきの人は誰だい?彼も君の事をエステリーゼと呼んでいたようだけど
Cless: Estelle, who was that? He called you Estellise, too.

アスベル:遅かったですね、エステリーゼ様
Asbel: You took your time, my lady.

エステル:アスベル!?
Estelle: But how?!

アスベル:きっとここへ来ると思って、先回りして待っていたんですよ
Asbel: I thought you’d come this way. I took a shortcut and waited.

アスベル:裏道は俺のほうが詳しいですしね
Asbel: I know the streets better than you, after all.

アスベル:さあ、城へ戻りましょう。あなたがいなくてなったとわかったら、リチャ…陛下も心配されます
Asbel: Come on now, let’s head back to the castle. Ric—His Majesty heard you were missing, and he’s worried sick.

クレス:城?陛下?一体何の話だ?
Cless: Castle? Majesty? What’s going on?

アスベル:君は何も知らないのか?
Asbel: You don’t know?

アスベル:この方は、エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン様
Asbel: This is Lady Estellise Sidos Heurassein.

アスベル:ウィンドル王国現国王、リチャード陛下の親戚にあたるお方だぞ
Asbel: She’s a relative of Windor’s reigning monarch, His Royal Majesty Richard.

クレス:国王の親戚…?じゃあ、エステルはお姫様って事か…!?
Cless: A relative of the king…? So, Estelle’s a princess?!

エステル:すみません、クレス。もっと早く本当の事をお話ししようと思ったんですけど…
Estelle: I’m sorry, Cless. I should’ve told you sooner.

エステル:あのアスベル。わたし、どうしても、お城へ戻らないといけませんか?
Estelle: Um, Asbel? Do I have to go back?

アスベル:どういう事ですか?
Asbel: What do you mean?

エステル:……
Estelle: …

アスベル:エステリーゼ様?
Asbel: My lady?

エステル:…わたしは今の陛下のやり方に、疑問を感じています
Estelle: …I’m having some doubts. About the way His Majesty is behaving.

エステル:星のカケラ欲しさに、他国に戦争をしかける行為に、正義があるとは思えません
Estelle: He’s chasing the shards of the star, starting wars. It’s not just.

アスベル:エステリーゼ様、それは…!
Asbel: Lady Estellise, you shouldn’t…

エステル:ただ、私は世間知らずです
Estelle: But I don’t know anything about the world.

エステル:本当はやむにやまれぬ事情が、陛下にもあるのかもしれません
Estelle: There might be circumstances beyond his control, I don’t know.

エステル:それを判断するために、わたしも外に出て、世界の姿をこの目で直接見てみたいんです
Estelle: But I have to know. That’s why I need to leave, see the world myself, and come to my own conclusions.

エステル:お願いです。これは陛下と王国のためでもあるんです。行かせてください
Estelle: Please. This is for His Majesty and the kingdom as well, not just myself. Please let me go.

アスベル:しかし…
Asbel: But…

エステル:必ず無事に戻ると約束します。どうか、お願いします
Estelle: I promise I’ll come back safe. Please allow me this.

アスベル:…
Asbel: …

アスベル:…彼は護衛役として、役に立ちますか?
Asbel: Would he be any use as a guard?

エステル:クレスの事ですか?それはよく分かりませんけど…あ、でも
Estelle: You mean Cless? Well, I don’t really know. Oh!

エステル:いい人ですよ。強いですし
Estelle: But he’s a good person. And strong.

アスベル:…
Asbel: …

アスベル:…わかりました。エステリーゼ様のお言葉を信じます
Asbel: Very well. I trust you, my lady.

エステル:アスベル…!ありがとうございます
Estelle: Thank you so much, Asbel.

アスベル:実は、陛下の最近のなさりようには俺も心を痛めていました
Asbel: To be honest, I’ve been worried about his recent behavior as well.

アスベル:エスベリーゼ様のご心配は、理解できます。行ってください。後は俺のほうで何とかします
Asbel: I understand your worries. Go. I’ll take care of the rest here.

アスベル:クレスと言ったか。エステリーゼ様をよろしく頼む
Asbel: Cless, was it? Take care of her.

クレス:は、はい!
Cless: I-I will!

アスベル:では、俺は詰所へ戻ります。くれぐれもお気をつけて
Asbel: Well then, I must return to my post. Be careful after dark.

エステル:すみません、クレス。面倒事に巻き込んだみたいで
Estelle: I’m sorry, Cless. I didn’t mean to get you involved.

クレス:いや…じゃなかった。いいえ、面倒だなんてそんな…それにエステルがお姫様なのに僕は…
Cless: It’s okay… It’s not really, but… No. What I mean is—I am involved, but—and you’re a princess…

グオオオオ
(growling)

エステル:また魔物が…!
Estelle: Monsters!