Cless: stage 5

勲章の持ち主
The Medal’s Owner

 

{Scene 1}
エステル:いきなり魔物だなんて…。以前はこんな街中に現れるなんて事はなかったのに…
Estelle: Monsters appearing out of nowhere… They never would’ve shown up so deep in the city before…

クレス:じゃあ、最近になって…?
Cless: So, this is new?

エステル:はい。国王陛下が星のカケラを集めようとし始めた頃から何かがおかしいです…
Estelle: Yes. Ever since His Imperial Majesty decided to gather the shards of the star, something’s been off…

エステル:…一体、この世界はどうなってしまったんでしょう
Estelle: What in the world is happening, I wonder…

クレス:星のカケラと…国王陛下…?
Cless: …His Imperial Majesty is … gathering shards of a star?

エステル:あ、気にしないで下さい…!
Estelle: Oh, don’t mind me!

エステル:とにかく、魔物を倒す事ができてよかったです
Estelle: Anyway, I’m glad we were able to defeat those monsters.

エステル:…ほら、ラピード。こちらへ――…
Estelle: …Hey, Repede, come here, boy—

ラピード:…
Repede: …

エステル:あ、ちょっと、ラピード?
Estelle: Hey, wait! Repede?

エステル:行ってしまいました…
Estelle: There he goes again…

エステル:わたし、ラピードにはどうも仲良くしてもらえなくて
Estelle: No matter what I do, he never warms up to me.

クレス:参ったな。ラピードをあてにしていたのに…
Cless: That sucks. And you’re trying so hard.

エステル:そう言えば、クレスはラピードと何をしていたんです?
Estelle: By the way, what were you doing with Repede?

クレス:調べたい事があって。ラピードに心当たりがあるみたいだったから、案内してもらっていたんだ
Cless: I’m looking into something. Repede was acting like he knew something about it, so I followed him.

クレス:(まあ、単なる僕の思い込みに過ぎなかったのかもしれないけど…)
Cless: (Though, that was probably just my imagination, got too lost in thought…)

エステル:そうだったんですか。ラピード、クレスをどこへ連れて行くつもりだったんでしょう
Estelle: I see. I wonder where he was taking you.

クレス:どこだろう。本当に案内してくれていたのかはわからないけど、この勲章を見せたら急に走りだしたんだ
Cless: Not sure. I don’t know if he was really leading me somewhere, but when I showed him this medal, he ran off.

エステル:あれ?これは…
Estelle: Hm? Wait…

クレス:もしかして、エステルもこれに心当たりが?
Cless: Don’t tell me you know something about it?

エステル:はい。これは王家直属の騎士団員のうち、大きな功があった物のみに与えられる、特別な勲章です
Estelle: I do. This is a special medal, only given to the King’s Shield, upon an impressive achievement.

クレス:王家直属の騎士団…?
Cless: The King’s Shield?

クレス:まさか…じゃあ、村を襲ったのは…
Cless: No way… They’re the ones who came to my village…

エステル:…?どうかしましたか?
Estelle: …? Is something wrong?

クレス:実は…
Cless: Well…

エステル:そんな…どうして騎士団が…
Estelle: Oh no… But why would they?

エステル:あの、それが本当なら、わたし、なんと言っていいか…
Estelle: Um, if that’s true, I— How can I say…

クレス:別に、エステルが謝る必要はないと思うけど
Cless: I don’t think you have anything to apologize for, Estelle.

エステル:そ、それはそうかもしれませんけど…
Estelle: That may be true, but…

エステル:じゃなくて…ええと…分かりました。わたしが騎士団の元に案内します!
Estelle: Never mind… Um… Okay. I’ll take you to see the Imperial Knights.

クレス:そんな事ができるの?
Cless: You can do that?

エステル:え、ええ。任せてください。こっちです
Estelle: Mmhmm. I sure can. It’s this way.

 

{Scene 2}
エステル:!
Estelle: !

ザッザッザッ…
(marching)

クレス:また兵士とすれ違った。本当に多いな
Cless: More soldiers passing by. There really are a lot of them.

クレス:あれ?エステルがいない。エステル?
Cless: Hm? Where’d she go? Estelle?

クレス:あ、いた
Cless: Ah, there she is.

クレス:どこへ行っていたんだ?
Cless: Where’d you go?

エステル:す、すみません、そこのお店に置いてある物が気になって
Estelle: Sorry about that, this thing in the shop caught my eye…

クレス:そうか。でも、突然いなくなったら驚くじゃないか
Cless: Oh okay. But man, you sure surprised me, vanishing like that.

クレス:てっきり誰かから逃げていて、あわてて隠れでもしたのかと思ったよ
Cless: I was sure you were hiding from someone or something.

エステル:…!!
Estelle: …!!

エステル:そ、そんな事、あるわけないじゃないですか
Estelle: That’s ridiculous! I wouldn’t do something like that.

クレス:そうだよね。そんな事、あるわけないか
Cless: Right? I guess it is ridiculous.

エステル:そ、そうですよ。ほら、早く行きましょう
Estelle: That’s right. Come on, let’s hurry.

エステル:あ、もうすぐ目的の場所に着きますよ
Estelle: Look, we’re almost there.

騎士団員:ここは騎士団の詰所だ。関係ない者は近付くな。帰れ
Knight: This is private property of the Imperial Knights. You’re not a knight. Go away.

クレス:聞きたい事があるんだ
Cless: I want to ask you something.

クレス:この勲章…
Cless: This medal—

騎士団員:ええい、帰れというのに!
Knight: You deaf or something?

エステル:そんな言い方をしてはいけません!
Estelle: You shouldn’t speak so rudely!

クレス:エステル…?
Cless: Estelle…?

騎士団員:あ、あなたはエステリーゼ様…?失礼いたしました!
Knight: Lady Estellise?! Please forgive my rudeness!

クレス:(兵士がいきなり態度が変えたぞ。一体どうなってるんだ?)
Cless: (He changed his tune quick. I wonder why.)

エステル:クレス、例の勲章を出してください
Estelle: Cless, show him the medal.

クレス:あ、うん
Cless: Oh, right.

エステル:この勲章が誰の物か、調べているんです。わかりませんか?
Estelle: We’re looking for the owner of this medal. Do you know anything?

騎士団員:これは独立騎士団の、サレ団長に授与された物ではないでしょうか。以前拝見した事があります
Knight: I’ve seen this before. It belongs to Captain Saleh of the Independent Knights.

エステル:独立騎士団のサレですか…
Estelle: Is that so?

クレス:そのサレという人は今どこに?
Cless: Where is he now?

騎士団員:独立騎士団は、現在任務遂行中です。軍事機密ゆえ、詳しい事は、申し上げられません
Knight: The Independent Knights are out on a confidential mission. Further details constitute military secrets, so I’m afraid I can’t say more.

エステル:そうですか…わかりました
Estelle: I see. Thank you.

エステル:すみません、クレス。肝心の独立騎士団の居場所を、突き止める事ができなくて
Estelle: I’m sorry, Cless. I failed to find the Independent Knights, and it means so much to you.

クレス:いや、それはいいんだけど…そんな事よりエステル、君は一体…
Cless: No, that’s okay. Right now, I’m more interested in who you are, Estelle.

ガルルルル!
(growling)

クレス:くっ…こんなところにまで魔物が!
Cless: Ngh! Monsters, here?