Cless: stage 3

敵の影を追って
Following the Shadow of the Enemy

 

{Scene 1}

 

チェスター:生き残ったのはごくわずかか…
Chester: Hardly anyone survived….

チェスター:くそっ…おかしいだろ!俺たちが一体何をしたっつーんだ…!
Chester: Shit… This is stupid! What did we even do?!

クレス:チェスター、さっきの話なんだけど敵の狙いは僕のペンダントかもしれないんだ…
Cless: Chester, before, I was trying to say they might’ve been after my pendant.

チェスター:どういう事だ?
Chester: What do you mean?

クレス:さっきおばさんを助けた時に聞いたんだ。敵は僕のペンダントを探してたって
Cless: This lady I saved earlier said so. She said they were looking for my pendant.

クレス:実際、家に置いておいたはずのペンダントがなくなっていたし…たぶん奴らが持って行ったんだろう
Cless: And it’s true, I thought I left my pendant at home, but it’s gone now… I think they took it.

チェスター:何でお前のペンダントが…?
Chester: Why would they want it?

クレス:…それはわからない
Cless: …Dunno.

チェスター:馬鹿言うな!たかがペンダント一つのために、村を襲っただと!?
Chester: That’s stupid! They attacked our home just for a pendant?!

チェスター:そのためにアミィを…みんなを殺したっていうのかよ!そんな事、許されると思うか!?
Chester: Just for that, they killed Ami… They killed everyone! Did they think they’d get away with it?!

クレス:でも…
Cless: But…

チェスター:…オレは許さねえ
Chester: …They won’t.

チェスター:クレス、オレ達が見た騎士の手がかりはないか?
Chester: Cless, are there any clues about who those knights were?

クレス:手がかりになるかわからないけど、こんな物を拾ったよ
Cless: I don’t know if it’s a clue, but I found this.

チェスター:勲章か…これは重要な証拠になりそうだな。持っている奴は限られているだろうし
Chester: A medal? Looks like proof to me. And there can’t be too many knights with one.

クレス:チェスター、僕はバロニアに行く
Cless: Chester, I’m going to Barona.

チェスター:王都バロニア…?
Chester: Why the capital?

チェスター:オレ達が敵討ちに行くとしたら王都じゃねえ、ア・ジュールだろ!
Chester: We can’t get vengeance at the capital. We have to go to Auj Oule!

クレス:敵の正体はア・ジュールの可能性が高いとは思うけど、確証があるわけじゃない
Cless: Yeah, most likely they were from Auj Oule, but it’s not like we have proof.

クレス:だから、まずはバロニアに行って村の事を報告して、こっちも情報を集めるんだ
Cless: So, I’m going to Barona first, to report what happened here and get more information.

クレス:チェスター。もし何も確かめずに僕達はア・ジュールに行ったとして…僕達だけで何ができる?
Cless: Chester, if just the two of us, with no proof, went to Auj Oule, what do you think we’d accomplish?

チェスター:…ちっ!そんな事しかできねえのかよ…!
Chester: …Ugh! Is that seriously all we can do?

チェスター:…わかった。クレス、オレも行く
Chester: …Fine. I’m coming, too.

クレス:いや、チェスターはここに残ってくれ
Cless: No, stay here. Please.

チェスター:何でだよ!?オレを除け者にしてお前だけおじさんやおばさんの敵を取るつもりか!?
Chester: Why?! You planning to just cast me aside, and get revenge by yourself?

クレス:チェスター!僕がチェスターを除け者にするといつ言ったんだ?
Cless: Chester! When have I ever cast you aside for anything?

チェスター:…そうだよな。すまねえ。頭に血が昇っちまって…
Chester: …True. Sorry, man. I can barely see straight…

クレス:僕も同じだ。だからこそ、僕達にできる事をしよう
Cless: Yeah, me neither. That’s exactly why we have to do what we can.

クレス:…チェスター、頼みがある
Cless: …I got a favor to ask.

クレス:チェスターはここに残って、生き残った人を守ってくれないか。また攻められたら、誰も生き残れない
Cless: Stay here and protect anyone who’s left. If they attack again, there really won’t be anyone left.

クレス:バロニア行きと…アミィちゃんの敵を僕に任せて欲しい。これはチェスターにしか頼めないんだ
Cless: There’s no one else I can ask. Leave the trip to Barona … and revenge for Ami … to me. Please.

チェスター:…オレがこの手でアミィを殺した奴を殺してやりたかった
Chester: …I want to kill that bastard who got Ami with my own hands.

チェスター:でも…これ以上誰かが死ぬのは…もっと嫌だ
Chester: But … it’d be worse to let anyone else here die.

チェスター:…わかった
Chester: Fine.

チェスター:任せたぜ、クレス。お前はオレの親友だからな。信じるぜ
Chester: Take care of it for me. You’re my best friend. I trust you.

クレス:チェスター…。ありがとう。必ず僕が、アミィちゃんの敵を見つけ出して見せる
Cless: Thank you, Chester. I swear, I’ll find the ones who did this.

クレス:(父さん…母さん…アミィちゃん…それに死んでしまった村のみんな…)
Cless: (Mom… Dad… Ami… Everyone who died…)

クレス:(何としても敵の正体を突き止めて、敵を取ってみせる…必ず!)
Cless: (Whatever happens, I’ll find who did this, and I’ll get revenge for you. I promise!)

 

{Scene 2}

 

クレス:ペンダントで村一つ、か。…やはり、ペンダントの事は気になるな
Cless: A pendant for a whole village, huh? The more I think about it, the more it bothers me.

クレス:特別な価値があるような物には見えなかったけど…
Cless: It didn’t really look like anything special, though.

クレス:そういえば父さんが、ペンダントについて話したい事があるって、前言ってたな…
Cless: Though actually, Dad did want to tell me something about it.

???:…

???:ワンっ!
???: Woof!

クレス:…魔物か!?
Cless: A monster?!

???:…

クレス:何だ、大きな犬か…。考え事をしていたから、気付かなかったよ
Cless: Oh, it’s just a big dog.

クレス:鎖がついてるから、野良犬じゃないな。飼い主の姿は見えないけど
Cless: You have a chain, so you’re not a stray. I don’t see your master anywhere, though.

クレス:お前の飼い主はどこにるんだい?
Cless: Hey boy, where’s your master?

???:…

クレス:迷子か?逃げ出して来たのか?それとも…単独行動、とか?
Cless: You lost, boy? Did you run off? Or maybe you just like doing your own thing?

???:ワンっ!
???: Woof!

クレス:ははは。まるで人間の言葉がわかっているみたいな反応をするね
Cless: Hahaha. Almost seems like you understand me.

クレス:この辺は危険な魔物も多い。早く家に帰ったほうがいいよ
Cless: There’s a bunch of dangerous monsters around here. You should head home.

クレス:それじゃ
Cless: See ya.

???:…

クレス:おいおい…。僕についてきても、あげられる餌はないぞ
Cless: Whoa, hey there. Even if you follow me, I don’t have any food for you.

???:ガルルルル…!
???: *growl*

クレス:何だろう…。馬鹿にするなって、怒られたような気がする…
Cless: I’d swear you’re mad at me, like you think I’m making fun of you.

クレス:餌が欲しいんじゃないなら、なぜ僕についてくるんだ?
Cless: Okay, if you don’t want food, why are you following me?

クレス:僕を心配してくれてるとか?まさかね…
Cless: Maybe you’re worried about me. Yeah right…

???:グルルルルル……ガウっ!!
???: Grrrr…. Ruff!

クレス:魔物!?危ないぞ、下がってるんだ!
Cless: Monsters! Careful, stay behind me.

???:ガウッガウッ、ワォーン!
???: *barking*

クレス:もしかして、一緒に戦うって言ってるのかな?
Cless: Wait, are you saying you want to fight with me?

クレス:まさかね。でも、その気持ちは嬉しいよ。…よし、いくぞ!
Cless: I doubt it. But I appreciate the sentiment. Come on!