Cless: stage 1

クレス編  宿命の刃
Cless’s Book; Blade of Destiny

世界の東に位置するウィンドル王国は、激震に見舞われていた。
The country of Windor lies to the east and has just been struck by a severe earthquake.
国を統べる若き王リチャードが、全ての星のカケラを手にするべく、地国との戦争踏み切ったためだ。
The young king Richard has plunged the country into war in order to gather the Shards of the Star for himself.
ただし、そうした緊迫した空気とは無縁の、のどかな雰囲気の街や村も、王国内にはまだ若干残っていた。
Few towns and villages are left unmarked by the strain of the war.
クレス・アルベインとチェスター・バークライトの暮らすトーティス村もそうした村のひとつだった――
Toltus, where Cless Alvein and Chester Barklight call home, is one such village.

 

はじまりの音
The Sound of the Beginning
{Scene 1}
クレス:おはよう、チェスター
Cless: Good morning, Chester.

チェスター:おはよう、クレス。遅かったな
Chester: Morning, Cless. You’re late.

クレス:ごめん。ペンダントを持ったまま家を出たのに気付いて、いったん置きに帰ったからさ
Cless: Sorry. I realized I was bringing my pendant with me when I left, so I had to turn back and put it down.

チェスター:ペンダントって、お前の15歳の誕生日の時に、親父さんからもらったやつか
Chester: Pendant? The one your dad gave you for your 15th birthday?

クレス:うん。外でなくしたり、落としたりしたら困るからね
Cless: Yep. I’d hate to lose it or drop it or something.

チェスター:お前はいい奴だな。親父さんにもらったものを、そんなに大事にするなんて
Chester: You’re so careful with a gift from your dad. I guess you’re all right.

チェスター:アミィがお前を気に入るのも、しょうがないか
Chester: I can’t be too mad that Ami likes you.

クレス:ん?何か言ったか、チェスター。アミィちゃんが何だって?
Cless: Huh? Did you say something? Something about Ami?

チェスター:何でもない。独り言だよ。今日も妹は留守番だなって
Chester: Nothing. Talking to myself. Wondering if she’s house sitting again today.

チェスター:そんな事より、さっさと森に狩りに行こうぜ
Chester: Doesn’t matter. Let’s go hunt.

クレス:あ、うん。そうだね
Cless: Oh, right.

チェスター:今日は負けねいぞ。アミィにも、たくさん獲物をとって帰るって約束したしな
Chester: I’m gonna win, you know. I promised Ami I’d bring back lots of game.

クレス:僕だって、やるからには負けるつもりはないさ
Cless: Hey, if I’m doing this, I’m not losing.

チェスター:よし。出発だ
Chester: Right. Let’s go, then.

クレス:ああ!
Cless: Yep!

 

{Scene 2}

チェスター:クレス、そっちの首尾はどうだ?
Chester: Cless, how’d you do over that way?

クレス:ピヨピヨを4羽獲ったよ。チェスターは?
Cless: I got four piyois. How’d you do?

チェスター:オレはピヨピヨ3羽…
Chester: I got three piyois…

クレス:じゃあ、僕の勝ち…
Cless: So, I win—

チェスター:…と、ボア1匹だ!見ろよこの大物を!
Chester: AND a boar! Take a look at how big this sucker is.

クレス:すごいな!よく一人で仕留めたね
Cless: Wow! Good one, taking it down alone!

チェスター:今日の勝負はオレの勝ちだな、クレス
Chester: I’d say I won this round, Cless.

クレス:そうだね。ここまではっきりした差をつけられたら、文句のつけようがない
Cless: You’re right. I’m not even mad.

クレス:父さんがいつも言ってるけど、チェスターの弓の腕は、やっぱり大したものだね
Cless: You’re the best with a bow. Dad always says so.

クレス:王都へ出て、騎士団に入ればいいのに。チェスターならきっと色んな人の役に立てるよ
Cless: You should so go down to the capital and join the knights. You’d be great at it.

チェスター:ああいう堅苦しいとこがオレに合うわけねえだろ
Chester: They’re way too stiff for me.

チェスター:お前のほうが向いてると思うぜ
Chester: It’s a lot more suited for a guy like you.

チェスター:…さて、そろそろ帰るか。アミィの喜ぶ顔を見るのが楽しみだぜ
Chester: Anyway, let’s head on home. Ami’ll be really pleased.

カン!カン!カン!カン!カン!カン!
(Alarm blaring)

クレス:あれは…村の半鐘の音!?
Cless: Isn’t that … the fire alarm?!

チェスター:何かあったのか?急いで戻ろうぜ!
Chester: What happened? We need to get back now!

クレス:ああ!
Cless: Yeah!

ガルルルル…!
(Growling)

チェスター:魔物!?
Chester: Monsters?!

クレス:急いでいるんだ!そこをどいてくれ!
Cless: We’re in a hurry. Do you mind moving?